某大学生の、らばっぱーによる
ポルノグラフィティ応援ブログ(*^^*)
日常もちらほら。
コメント大歓迎です!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< りぴーとりぴーと | main | SING IT UP@なんばHatch /レポ >>
SING IT UP@なんばHatch /レポ
かなりのお久しぶり投稿です〜!
twitterで最近動き始めたので、レポ用にここは活用しようかなと思います
では、先日のしぎなっぷレポです!
ネタバレ有りなので、一応、続きの部分にレポは掲載します。
読んでくださる方はそちらにぴょんと、言ってくださいな!
とりあえず、セトリのみこちらへ。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014.12.19 / SING IT UP

M1. イージュー★ライダー/奥田民生

M2. CHE.R.R.Y/YUI

M3. カブトムシ/aiko

M4. メロディー/玉置浩二

M5. Missing/久保田利伸

M6. 福笑い/高橋優

M7. I am father/浜田省吾

ーーースガシカオさん登場!ーーー

M8. 黄金の月/スガシカオ

 M9. 今宵、月が見えずとも/ポルノグラフィティ

M10. 夜空ノムコウ/スガシカオ(SMAP)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

M11. 家族になろうよ/福山雅治

M12. アイネクライネ/米津玄師

M13. やさしくなりたい/斉藤和義

M14. サムライドライブ/hitomi

M15. 雨上がりの夜空に/RCサクセション

EN1. やっぱ好きやねん/やしきたかじん

EN2. チキンライス/浜田雅功&槇原敬之

WEN1. ハネウマライダー/ポルノグラフィティ 

レポ

FM802のBGMと共に昭仁1人で登場。アコギをもって、弾きだした。

昭仁「こんばんは岡野昭仁でございます。」Aコードひきながら

昭仁 「いきなりの機材トラブルでございます。(笑)」

会場「えーーーーー(笑)」

昭仁 機材トラブルだからなんにも進めないよ〜♪ 2014年12月19日はそういえば、1曲目しんどかったなー。なかなか曲にいかれないんだも〜ん。きっと後で思い出せば怖い怖い思い出になるんでしょう〜」

昭仁「1年間、りびなっぷ、聞いてもらえましたか?いやーまだですかーーーなんにもできませーーーん。まだですかー!コード1個じゃ間が持たんよー!なぁんも始められないよー!コードBにしてやろう!Eにしてやろっ!いえーーーい…」

割と長い間繋いでました(笑)

それでもそのいきなりの非常事態に全体を温かい空気にする昭仁さんは素敵だなあ。

そしてEコードに変えたあたりで、無事回復した様なので・・・とM1へ

M1. イージュー★ライダー---------------------- - - -

イージュー★ライダーは昭仁さん一人で完全な弾き語り。

ラジオで何度も弾き語りを聴いてたけどやっぱり生は断然違う!!

声量というか、しかもライブハウスだから音のズレや音が割れる感じも感じること無く昭仁さんの声に集中できました。

M2. CHE.R.R.Y---------------------- - - -

昭仁さんが曲紹介をするとラジオで一度弾き語りしていたこともあって会場が歓声に包まれる。

待ってました!!!って感じですね

CHE.R.R.Yは途中からサポメンさん達が入ってきて一緒に演奏。

アコギのみの演奏から華やかになり雰囲気が一変する瞬間も素敵でした。

M3. カブトムシ---------------------- - - -

入る前にaikoちゃんの曲、カブトムシを歌いたいと思います・・・!と曲紹介。

YUIさんのカバーに続き女性アーティストカバー。

一旦ギターを置いて、この曲はギターは使わず、昭仁さんのボーカルのみ。

原キーを下げて調整したり…とMCで話していましたが、聞いていて違和感があるほど下げているようでも無い感じでした。

aikoちゃんの曲音程取りにくいはずなのに一切外さず、完璧に歌い切っていました。

M4に入る前のMC

昭仁「上のお姉さんの影響でね、まあ6つ違いなんですけど、6つも違えば聞いている音楽ももちろん違ってくる訳で、そのお姉さんが安全地帯の曲を聴いていて、僕もその影響で聞いていたんですけど、以前とある機会に玉置浩二さんと 飲むことがあってね以前ご一緒させていただいたんですよ。 玉置浩二さん、会って2〜3時間で、岡野くん愛してるよー!っておっしゃって(笑) 懐の深いというか、本当に素晴らしい人ですよね。そのときに記念にワインをあけよう!って玉置さんがおっしゃって、ワインを開けた暁にはやっぱりワインレッドの心を歌わないと!ってなって、ワインレッドの心を一緒に歌わせて頂いて本当に貴重な体験をさせてもらったなあと思ってるんですけど…」

で、会場はてっきりそれを歌うと勘違いして歓声上がる 

昭仁「あっ今から歌うのは違う曲なんですけどね」 

会場「えーーーーー」ブーイング。

昭仁「そりゃワインレッドの心だと思うよね、ごめんね(笑)そりゃそうよね(笑)でも玉置さんって業界一歌が上手いと称されてるけど、横で聞いててもほんとにすごい迫力なんですよ、そんな方と一緒に歌わせていただけたのは本当にうれしかったです。今日は最近も結構TVで歌われていた曲を 次に歌います。なので皆さんもご存知かと…」と曲紹介して、M4、メロディーに…入るかと思いきや「水を飲んでから歌います。」と水飲みタイムを挟んでいました「この浜田さんの曲をさ、ー水飲まずにできんよ!!!」と力説。(笑)

少し会場に笑いが起こっていました。

いつもは水を飲むときは晴一さんに宣言して繋いでもらってたけど1人パターンは初めてすこし面白かったです。笑

M4. メロディー---------------------- - - -

これも昭仁さんはギターは使わずヴォーカルとバンド演奏。

安定の歌唱力で、昭仁さんの声と曲調がとてもよくあっていました。

間奏では昭仁さんのスポットが消えてシルエットだけが浮かび上がっていてこの照明の使い方が格好良すぎました。

そのシルエットから微かに見える昭仁さんの表情もすごく綺麗で何故か泣きそうになりました。

M5へ入る前にキーボード以外のサポメンさんがみんな舞台袖にはけていって、昭仁さんが話しだす。

昭仁「高校のとき、1つ上の先輩からもそのころ流行っていたアーティスト(バービーボーイズなど…)をいろいろと教えてもらったりしてたんですが、その先輩がある日。昭仁よ、久保田利伸って知ってるか?と久保田さんの曲を勧められたので聴いてみたら本当に、こんなすごい人が日本の音楽界にも居たのか…!と衝撃を受けまして、次に歌うのはねMissigといって皆さんもよくご存知でしょうが。本当にとても素晴らしい曲で僕が歌うなんて恐れ多いんですが…」

みたいな感じで言って曲紹介。

M5. Missing---------------------- - - -

ピアノ演奏のみで昭仁さんの声がとても映えていました。とにかく鳥肌もので、照明も綺麗だった記憶が…

ギターでの弾き語り以外でもこういうパターンの形式が入っていて非常によかったです。

M5終了後

昭仁「いつものポルノと違うけどみんな大丈夫?ずっと立ちっぱなしだけど無理しないでね、脚とか疲れたらその場で 足踏みしたり屈伸したりするんだよ? 今のうちよ?これからしばらくピーンって張り詰めた曲続くからね!」 

と客席へ気を配り声をかけ会場に笑いが起こる。皆がそれに対してはーい!と返事をしたので

昭仁「はーいって…(^^)(笑)ちゃんと返事するのよね(笑)もうあんたらほんまに可愛いなぁ…♡」

と。

いやいや、かわいいって、、、あなたの方がよっぽどかわいいですよ…。

昭仁「今回のライブをするにあたって原キーを変えて音程を合わせたり、息づかいのタイミングなどを気にしてしてるとその曲を歌っている歌い手さんがこんなところを気にして歌ってるんだとか、どういう思いで曲を作ったり歌ったりしてるんだなっていうのがすごくわかったりして良い勉強になりました。」

昭仁次の曲は、僕が所属しているアミューズというアー…プ、プロダクション!!の後輩、高橋優くんの曲をやりたいと思います〜彼とはね、家が近所でずっとランチ会しようって言ってるんだけどなかなかいけてなくて…笑」

Rの法則で言ってたとこだったから心の中で「まだ行ってないんかい!」と突っ込んでしまいました。笑

昭仁「でも後輩だけど本当に尊敬できる存在です。」と高橋優さんを褒める場面も。

M6.福笑い---------------------- - - -

今回のLIVEで是非聞きたかったうちの1曲。

LIVE IT UPで弾き語りしていたものより少しロートーンで歌っていましたがそのバージョンもホントに良くて。

しかもずっとニコニコしながら歌うもんだからこっちまでニコニコしちゃう♡

生で聞けてほんとに嬉しかったです。

M6終了後

昭仁「一人で喋るの初めてだからどうしたらいいかわからないんだよね…」とギターを触りながら話しだす。

昭仁「チューニングしながらさ、MCとかしたいんだけど、今もこうやってさ、「今日くる時にさ〜…」とか話したいんだけど(本当に話そうと試みたのかと思った←)無理だよね、話すのに集中して全然チューニングできてないもん(笑)」

なんかもうかわいい…(笑)

いいよ、できなくて、かわいいからそのままでいいのよ…(*ノノ)←

昭仁「オープニングで奥田民生さんの曲をやらせてもらったんですけど次の曲は浜田省吾さんの曲をやりたいと思います。

僕が30歳ぐらいの時に大阪城ホールで浜田さんのライブに行かせてもらったんですけど40〜50歳ぐらいのおっちゃんが「うおおおおおお」って盛り上がってて、歓喜して涙したりしてるんですよ。それがほんとに印象的で、40代50代の男の人の背中を押す省吾さんの力ってなんなんだ?この人は本当に何者なんだ?って思いましたね。」

昭仁「では今日は『I am a father』という曲を歌いたいと思います。実際自分が親になって共感する部分も多くて…自分もこんな風にお父さんやお母さんに守られて生きていたんだなと感じてほしいと思います。浜田さんの曲は特に男の人の心に突き刺さる歌詞や曲が多いんですけど、女の方にも共感出来る部分もあると思います。」

ここで「女の方…(笑)」とちょっと面白くなってしまった私。

M7. I am a father---------------------- - - -

歌詞がガツンと残る曲で、昭仁さんが実際これに共感する点で、やっぱり本当にお父さんしてるんだな、と改めて実感したと同時に昭仁さんの心境になって聞いてると涙がでそうになって、温かいとても素敵な時間でした。

「Oh―Ooo!!」と歌うところの力強い感じも昭仁さんの歌い方に合っていて好きでした。

M7終了後

昭仁さんが座る椅子がセッティングされ、昭仁さんの右手にもう一つ椅子が。

そして大阪に住んでいた頃のお話。

昭仁 「大阪に住んでいた頃は小畑さんが働いとったスタジオがあってよくそこに練習しに行きよったんじゃけどその道中新藤の運転する車でよくFM802をTamaと3人聞いてたんです、そこで流れてきた曲を聴いて、なんじゃこりゃ!?って衝撃を受けで、こういう曲を歌えるようになりたい‼︎‼︎て思ったんです。日本にこんなにもかっこいいアーティストがいるとは思わなくて本当に衝撃でした。」

昭仁 「それで3人でFM802のイベントMEET THE WORLDにいったんだけどその人は多くの観客の前で一人でステージに立っててね、その弾き語りを聴いてそこでも本当に衝撃を受けたんよ•••。今日はそんなすごい人がなんと、、ゲストで登場してくれます‼︎‼︎‼︎ では、紹介したいと思います、•••スガシカオさんです‼︎‼︎‼︎

ここでスガシカオさん登場⭐︎(めっちゃ照れてました)

そして会場発狂(笑)

向かって左側で見ていたのでスガシカオさんめっちゃ近い‼︎‼︎

スガ「いや〜ありがとうございます。」

昭仁「ありがとうございます。わざわざ来ていただいてほんとうにありがたいですよ、スガさんとは家が近所で友達の居ない僕をみかねてたまに食事に誘ってくださるんですけど。(笑)こないだもね、ご一緒させていただいて、その時に『今度大阪でソロライブやるんですよ!』って言ったら『え?そうなの?じゃあ見にいこっかなぁ』って言ってくださるんです!わざわざ!そんなね、僕のライブに見に来てくれるなんて、もうそれなら『いや!来るなら出てくださいよ!!』って無理にお願いして(笑)」

スガ「無理だよ〜って言ってたんだけどね(笑)」

と、このセッションの経緯を嬉しそうに話しながら、気づく昭仁さん

昭仁 「僕•••前置き長いっすか!?(笑)」

スガ「いや、俺まだこの空気に慣れてないから•••(笑)岡野くんもう馴染んでるもんね!」

昭仁 「ほんとにね、1曲目にあんなことがあると馴染みますよ(笑)ヒヤヒヤしましたけど(笑)」

スガ「あれ、コードE変えるとこよかったよ!(笑)」

昭仁 「え!まじっすか(笑)ありがとうごいざいます(笑)3つぐらいは弾けるけどあれ以上繋げって言われたら無理でした」

スガ「うん、なかなか復旧しないからどうするんだろうって思ってたらEにするんだもん(笑)最初みんなどうしたらいいかわからない状況であんなトラブルだしね(笑)それをあの感じでアットホームな雰囲気に持って行って•••!」

昭仁 「ありがとうございます〜(照)なんかえらいとこ褒められしもーた(笑)」←戸惑い

昭仁「じゃあそろそろ曲に•••最初にやる曲はさっき言ってた新藤の車で聞いていた曲で、黄金の月をスガさんとセッションしたいと思います。」

スガ「前に僕らの音楽でも一回やったね」

昭仁「はい!では、、、聞いてくだい。」

M8. 黄金の月---------------------- - - -

スガさんがギター/ヴォーカルで、昭仁さんはヴォーカルのみ、椅子に座ったままの演奏でした。

今年のFM802のイベント、RADIO MAGICでも一度スガさんの歌声は聞きましたが相変わらず透き通るような、でも重みもある本当に綺麗な声で、スガさんがソロで歌い出した時の昭仁さんの嬉しそうな顔がほんとに可愛かった♡

自分が歌い出した時にはきりっと集中してたけど、スガさんのソロに戻るとまたあのニヤニヤ顏と共にスガさんが歌ってるのと一緒ににこにこしながら口パクで歌ってて、見てるこっちまで嬉しくなりました(^^)

昭仁さんがこの曲をカバーしているのは何度か聞いていますが、実際生で聴くのはやっぱり全然違って、この曲をすごく大切にしているのがわかりました。きっと何度も歌ってるからこそ二人の調和がすごくとれていて、聞いていて本当に心地よく感じました。

途中間奏で少し早く歌っちゃう昭仁さん。

は•••!って顔して一瞬フリーズしてた(笑)

M8終了後

昭仁 「ありがとうございます。この黄金の月をスガさんと一緒に歌えて本当に光栄です。ありがとうございます!」(にこにこ)

昭仁「(笑)•••でも入り損ねちゃったなぁ、間奏のとこ、、はぁ〜•••ごめんなさい‼︎‼︎」(落ち込み)

スガ「え?あれフェイクじゃなかったの?もー言わなきゃわかんなかったのにー!岡野くんいい人すぎるんだよね〜」

昭仁 「いやいやそんなことないっすよ」

スガ「いやほんとに!いい人すぎるエピソードあるんだもん!こないだね、このライブの打ち合わせも兼ねて家も近いからさ、地元でご飯でも行こうよってなって、そこでサラダを頼んだんだけど岡野くんのお皿からこれくらいの、あれ、なんだろう ⁇」

昭仁 「なんかこういうやつですよね(笑)(指をうねうねさせてた)」

スガ「そうそう(笑)尺取り虫‼︎ってわかるかな?こんなうねうねしたやつなんですけど、尺取り虫みたいなのがピョンって出てきて(笑)普通の人は大体文句言うでしょ?僕もそれ見た瞬間、『よっしゃ!飯がただになる!』って思って岡野くんに言ったんだけど岡野くんは『スガさん、野菜が無農薬で新鮮って証拠ですよ。』って言ったんだよ!?どんだけいい人なの??(笑)」

会場は笑いと拍手で包まれました(笑)

それを受けて照れ笑いする昭仁さん

昭仁 「僕、殺伐とした空気になるの苦手なんですよ•••(苦笑)なんか、泣いちゃいそうになる•••。そんな空気になるんだったら僕が言わんかったらええかなと思って•••」そしてまたざわつく会場(笑)

泣いちゃいそうになるってどんだけかわいいの•••(笑)

そして本当にいい人すぎるエピソードすぎてこの人は神なのかな、って思いました。(笑)

そしてそれに負けじと (?)昭仁さんもスガさんのお話を。

昭仁「失礼かもしれないけど、本当に スガさんは僕にとって、親戚のお兄さんみたいな存在です。変な意味じゃなくてね‼︎‼︎だって親戚のお兄さんって男として一番に初めに憧れる存在じゃないですか‼︎? 親近感があって面倒見がよくって•••、」

スガ「ありがとうございます(照)ムズムズしてきた。褒め殺しにあってるみたい(笑)」

ここで昭仁さんギターを持って、 

昭仁 「さっきはスガさんの曲をやりましたが、今度はポルノの曲を一緒にやりたいとおもいます」

会場拍手

スガ「今度は僕が間違える番かな(笑)難しいんだもん•••(笑)」

と、M9へ

M9.今宵、月が見えずとも---------------------- - - -

何度も昭仁さんの声で聞いてるだけに、セッションで聴くと非常に新鮮でした。

でも違和感があるわけじゃなく、二人の声がよく交じり合っていて新しい広がりが見えました。

そして落ち着きのない昭仁さん、曲調がすこしアップテンポなのと歌い慣れているせいか、すこしリラックスしてたのかな?

足がバタバタしてて(笑)

M9終了後

昭仁さんのにこにこが止まりません(笑)

昭仁「本当にセッション楽しいです。スガさんのソロ聴きながらギター弾いてるのも本当に嬉しいです、一生の思い出ですね!」

昭仁「スガさんとはもう一曲やりたいと思います。あの頃の未来に•••」

と昭仁さんが言いかけ、客席から歓声が上がる。

昭仁「あの頃のFM802を聞いていたあの頃見ていた未来よりずっとすごい未来に立ててると思います、こんなすごい人と今ステージでセッションできてるんですから。この国民的名曲を一緒に歌うことができて本当に光栄です。」

M10.夜空ノムコウ---------------------- - - -

この曲は特に昭仁さんのにやにやがとまらなくて、スガさんが「誰かの声に〜」と最初のフレーズをソロで歌い出した途端、にたにたにたにたにた•••(笑)終始椅子をくるくるしながらバックバンドの方を見たりスガさんの方を見たりと落ち着きが一切なく可愛すぎて(笑)本当に幸せそうで、笑顔が抑えきれないとはあの事を言うんだなって思いました。笑

コーラスで高音を出すところの目を細める表情もかわいかった♡

M10終了後

3曲のセッションを終え、スガさんがハケていき、昭仁さんおじぎ。「新しい第一歩を踏み出すこの日にスガさんとセッションできるなんて•••(満面の笑み)貴重な時間を割いていただいて本当にありがたいです。」

昭仁「晴一にプロのアーティストになろう!って誘われてここまできて、晴一とTamaがその道を作ってくれて僕はただそれについていくだけでここまできたようなもんで、いろんな出会いとかに恵まれて15年やってこれて、晴一がいなかったら今の僕はいないと思うし、本当に感謝しています。だって今こうやってスガさんと同じステージに立てるんよ!?絶対こんなんならなかったもんね!」

とにかく幸せそうでした(*・・*)

昭仁「先ほどアミューズの後輩の高橋優くんのカバーをさせてもらいましたが、次も本当に尊敬しているアーティストでアミューズの大先輩、福山雅治さんの曲をやりたいとおもいます。」

M11.家族になろうよ-----------------------------------------------------------

個人的にましゃ大好きなので← めちゃくちゃテンション上がりました♡

昭仁さんの声で聴くと雰囲気も一気に変わって全く違う印象でした、でも声から昭仁さんの優しさが滲み出ていて心があったかくなる感じでした。

M12.アイネクライネ---------------------- - - -

ここから一気にバンドモードに切り替わりました。

これは本当に好きな曲で、米津さんの歌い方と少し昭仁さんの歌い方が合ってるのかめちゃくちゃかっこよくて、

歌詞もすごく好きなので昭仁さんが歌い出した途端「きたーーーーーー!!」(笑)

しかも昭仁さんもこの歌すきだったんだっていう喜びもあり•••

とにかく曲の力強さと歌詞の優しさが昭仁さんらしくて素晴らしい選曲だと思いました。

「あなたの名前を呼んでいいかな」の部分なんて涙です。あと、この時に昭仁さんにスポットライトが一気に当たったのもめちゃくちゃかっこよかった。弾き語りもめちゃくちゃ良かったけど、一気に「昭仁さん」らしくなったというか、やっぱりバンド形式の中で歌う彼の姿が一番好きなのかもしれないと改めて実感させられました。

これだけでもいいので是非CD音源化を•••(/_;)

M13.やさしくなりたい---------------------- - - -

畳み掛けるようにバンドで一気に盛り上がっていきます。

照明もすごくかっこよくて、サビ辺りだったかな?昭仁さんが歌ったところがエコーで繰り返される演出も素敵だった!

そしてテンションが上がってきてる模様の昭仁さん(笑)

M14.  SAMURAI DRIVE---------------------- - - -

ここでギターチェンジでした。

ラジオでもカバーしていましたね(*^^*)

楽しそうにギターを弾きながら歌う姿がとにかくかわいくてかっこよくて、、、

昭仁さん完全にものにしてるなって感じで、

HEY!っていうところもすごく楽しかった!!

M14終了後

ここでギターを外したんですが、片付ける際にボトルが落ちたり少しバタバタしてた記憶が•••(笑)

昭仁 「では、次で最後の曲になります•••」

突然の宣言に会場からは「えーーーーーーーーーー‼︎‼︎‼︎」と大ブーイング(笑)

それを受けて「えーって言われても•••」と少し嬉しそうに苦笑い

昭仁「最後の曲は何にしようかと思ったんですけどね。大阪時代に晴一とTamaと3人でFM802フェスの「MEET THE WORLD」を見に行った時にそうそうたるアーティストの方々が出ていて、そのトリが忌野清志郎さんだったんですよ。曲の最後に出演者全員が出てきて、観客も含めて全員で歌ったのがこの曲で。会場全体が本当に盛り上がったんです。僕の音楽人生で大阪でまた新たな一歩を踏み出す今日の最後の曲には思い出深いこの曲で皆さんと盛り上がりたいと思います。『雨上がりの夜空に』‼︎‼︎

M15. 雨上がりの夜空に---------------------- - - -

最後の曲ということで、しっとり終わるんじゃなくて盛り上がる選曲っていうのも昭仁さんらしいというか、

ポルノのジレンマ的歌詞でめちゃくちゃ盛り上がりました。会場を右左に行ったり来たり、コードマイクだったので少しヒヤヒヤしましたが•••、

曲中も会場にマイクを向け歌わせたり、一緒に歌ったりとご機嫌。

もちろん ♪バッテリーはビンビンだぜ の部分で股間パフォーマンスもありで///(笑)

タンバリンも叩いてたような。

「ありがとう!」といいつつ手を振りながらハケていく昭仁さん



続き(アンコール)はレポ△悄。。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://lovenameispg.jugem.jp/trackback/657
TRACKBACK